胸焼け とは どんな感じ

胸焼けとはどんな感じ?胃もたれとは違うの??

スポンサーリンク

一般的に胸焼けとはどんな感じというのを表すのは難しいです。
これは人によってもことなりますし、いつ起こるかというのも異なります。
お酒を飲み過ぎてしまった後や食べ過ぎてしまった時など、人によってもさまざまな場面で起こります。
漢字でそのまま表すのであれば胸が焼ける症状であると言えます。

 

これはどのような症状なのでしょうか??

 

基本的に胃で異常が起こっている場合に起こるもので胃もたれとは異なります。
前胸部が下から上へと向かって熱くなる、さらには焼ける症状と医学用語では言われています。
これは胃の内容物が食道に逆流することによって起こったり、胃酸が逆流してくることによってこのような状態になります。

 

どんな感じかというとチリチリした焼けるような感じ、食道に胃酸が出てきていますので食道に異変が起きているということになります。
胸焼けの症状が現れる病気のひとつに逆流性食道炎がありますが胸の辺りにチリチリとした焼けるような痛みが起こります。

スポンサーリンク

胃もたれというのは胃が重く感じたり、お腹が張ったりすることを指します。
これは胃もたれという名の通り、胃に内容物が溜まり過ぎることによって起こるものです。
さらに言えば胃に内容物が溜まり過ぎることによって胃自体が下に垂れ下がってしまうことを胃下垂と言います。

 

この二つの違いというのは分かりにくいものです。
しかし胃がムカムカするという表現は胃もたれで、胸が焼けるような痛みが胸焼けと捉えるようにしましょう。
これらの症状を解消する方法というのも異なります。
胸焼けというのは胃酸が多く出過ぎて起こるものですので胃酸を抑える薬などを使用しますが、胃もたれの場合に胃酸を抑える薬を使用してしまうと症状をかえって悪化させる原因となります。

 

そのため胃もたれの場合には胃酸の分泌が促すものを使用して消化を促す改善方法が行なわれることもあります。
自分の症状を正しく理解し、適切な解消方法を取ることが大切です。
薬を使用する場合には薬剤師、医師に相談して服用しましょう。

スポンサーリンク