パン 胸焼け 原因

パンを食べると胸焼けが起こる原因とは!?油が悪影響を及ぼす?

スポンサーリンク

胸焼けというのはさまざまな場所で起こるものです。
基本的には胃酸過多になっていると起こるもので、胃酸が逆流して胸に焼けるような違和感が出ることを指します。

 

この症状がパンが原因となって起こることがあるのでしょうか??

 

答えは「YES」とも「NO」とも言えます。

 

パンを調理する際に油を使用する場合があり、この油が悪影響を及ぼしていると考えられます。
油というのは空気に触れたりすることによって酸化していきます。
酸化するということは劣化しているということになりますので、胃もたれ、胸焼けの症状が起こる場合があります。
他にも下痢、嘔吐、吐き気などを伴う場合もありますので注意してください。

 

パンの種類にもよりますが調理の際に揚げているものは揚げてから時間が経っているとどんどん油の酸化が進みます。
そのため胃に悪影響を及ぼすことになります。
ただし、現在では酸化した油の悪影響というのは、健康には害がないとも言われ始めています。

スポンサーリンク

パンを食べるだけで胸焼けが起こるかと言われると結びつけるのは難しいとも考えられます。
油だけでなく、チョコレートなどの甘いものを食べ過ぎてしまっても胸焼けが起こる場合もありますし、刺激の強い香辛料などが多く含まれている場合にも起こることがあります。
食べ過ぎていないかについても考えてみましょう。

 

また同時にコーヒーを飲む人が多いと思いますが、コーヒーには胃酸の分泌を促す効果がありますので症状が悪化してしまうことにつながりますので飲み過ぎにも注意しましょう。
元々胃腸が弱い人は特に起こりやすい症状ですので、牛乳などの乳製品を先に飲むことによって胃の粘膜を保護することが出来ます。
食後に牛乳を飲むことによって胃の粘膜を保護する効果を期待できますのでパンと一緒に牛乳を摂取してみてはいかがでしょうか。
解消法は他にもガムを噛む、お腹を締め付けない、胃腸薬を服用するなどの方法がありますので試してみましょう。

 

胃腸薬は胃酸過多になっていますので胃酸を抑えるタイプのものを使用しましょう。
胃散の分泌を促すものは症状を悪化させることにつながります。
胸焼けの症状うが出る病気もいくつかありますので症状が改善されない場合には病院へ行く必要もあるかもしれません。

スポンサーリンク