胸焼け 食事 レシピ

胸焼けの食事「オススメ簡単レシピ」紹介します!

スポンサーリンク

胸焼けというのは暴飲暴食や、食生活の乱れなど、特に消化に関する以上で起こることが多い症状です。
この症状は胃の中で胃酸が多くなることによって起こりますので予防や解消をするためには食事のレシピに気を付けましょう。

 

「胸焼けの症状が起こっている場合」
この時には食欲不振となっていることが多いと思います。
そのため無理に食べることはよくありませんが、全く食べないということもよくありません。

 

この場合にはおかゆやうどんなどの消化の良いものをゆっくりと食べましょう。
油物などは逆に症状を悪化させてしまう恐れがありますので油を使用しない茹でるなどヘルシーなレシピで作ることをお勧めします。
私のおすすめ簡単レシピはこちらです。

 

1 梅干しとご飯を用意しましょう。
2 茶碗にご飯をよそってご飯がが浸る程度に水を入れます。
3 レンジ600wで2分間チンします。
4 一度取り出し適度に混ぜましょう。
5 水が足りないと感じたら水をつぎ足しもう2分チンします。
6 取り出し梅干しを乗せれば出来上がりです。

スポンサーリンク

これなら簡単にレンジだけで調理できますのでオススメです。
胃の調子が悪くて作る元気が出ないときなどには簡単ですので試してみてください。

 

「胸焼けの原因となる食べ物」
上述したように油物、肉類などの脂肪分の多いもの、刺激の強い香辛料、アルコール類、甘いもの、柑橘類、タバコなどが挙げられます。
これらのものを避けることによって予防することができますし、胃腸の調子が下がっていると感じた場合には避ける必要があります。
他にもいか、タコ貝類、繊維質の野菜などの消化に悪いものは症状を悪化させてしまうことがあります。
食事の内容だけでなく、食事の後の対応も大切です。
食べ過ぎないようにして、すぐに眠らないようにしましょう。

 

どうしても寝る場合には上半身を高くして横になると胃酸が逆流してくるのを防ぐことが出来ます。
胸焼けの簡単レシピを紹介しましたが、やはり食事には気を付けましょう。
おかゆ、うどん、ポトフ、煮物などの消化に良く胃に長くとどまらないようなものを摂りましょう。

スポンサーリンク