胸焼け 効く 市販薬

胸焼けに効く市販薬はどれ?症状に合わせて選びましょう!

スポンサーリンク

暴飲暴食、食べ過ぎ、飲み過ぎなどによって胸焼けの症状が出るということは誰にでも経験があることだと思います。
しかしその症状というのは自然に治るまでには時間がかかりますので不快な症状が付きまとうことになります。
早く症状を改善させたい場合には市販薬を使用する必要なこともあるかもしれません。

 

今回は市販のもので薬を選ぶ注意点を中心にお勧めの商品についてもお話していきましょう。
まず最初に伝えておきたいことは「症状に合わせたものを飲まなければ悪化させてしまう」ということです。
それについても後程詳しくお話していきます。

 

市販薬の種類には7つあります。

 

1 胃運動機能改善剤…胃粘膜の分泌を高める
2 粘膜修復および制酸剤…粘膜を修復を促し胃酸を中和します。
3 健胃剤…生薬などによって胃の働きを高めます。
4 消化剤…消化酵素によって消化を手助けします。
5 鎮痛鎮痙剤…胃の痛みを抑制する作用があります。
6 胃酸分泌抑制剤…胃酸の分泌を抑える働きがあります。
7 総合胃腸薬…さまざまな薬効成分が含まれており色々な症状に対応しています。

スポンサーリンク

市販薬の種類というのはこの7つにあります。
胸焼けをしている場合に服用する必要があるのは6番の「胃酸分泌抑制剤」です。
胃酸が多く分泌するために食堂へ逆流して起こる症状ですので胃酸を抑えることが一番の目的です。

 

この場合に胃酸の分泌を「促進」させるものを服用してしまうと症状がさらに悪化してしまう恐れがあります。
逆に胃もたれしているときに胃酸の分泌を「抑制」してしまうと消化がされにくくなってしまい、さらに症状が悪化してしまうことがあります。
そのため自分の症状に効く市販薬を選ぶということはとても大切なことになります。

 

自分の症状が胃もたれか胸焼けか判断できない場合には薬剤師へ相談しましょう。
薬剤師や医師に相談できない場合には総合胃腸薬をお勧めします。
しかし薬というのは副作用が存在します。
飲む時の注意点は用法用量を正しく守ることです。
食前に飲むのか、食後に飲むのかによっても効果が変わってきますのでよく読んでから使用するようにしましょう。

スポンサーリンク