空腹時 胸焼け 薬

空腹時に胸焼けが起こる理由、薬による対処方法

スポンサーリンク

胸焼けというのは食後に出ることが多いです。
その原因というのは食べ過ぎ、早食いなどによって胃酸が多く分泌されてされてしまい食堂へ逆流することによって起こります。

 

この症状が空腹時に起きているということはどのようなことが考えられるのでしょうか??

 

この場合には胃に何らかの異常が出ていると考えられます。
通常、胃酸というのは胃液によって中和されています。
胃酸というのは金属を溶かしてしまうと言われているほど強力な酸性で出来ています。
それを胃液や粘膜のアルカリ性の成分によって中和していますが、この分泌をコントロールできなくなっている可能性があります。

 

これはストレスや過労などによって自律神経の乱れが起きていると考えられます。
自律神経が乱れてしまい胃酸や胃液、胃粘膜の分泌がコントロールできなくなってしまい、胃酸過多となり食道へ逆流するほど分泌されてしまっています。
胃自体は胃の粘膜によって守られていますのである程度は大丈夫なのですが食道は胃酸から身を守ることはできません。

スポンサーリンク

ちなみに胃粘膜が胃を保護できなくなってしまうと胃潰瘍になってしまうことがあります。
胃自体を傷つけてしまう恐れもあるほどの胃酸ですので食道に逆流してしまうと食道を傷つけることも納得できます。
空腹時の胸焼けがストレスが原因となっている場合にはストレスを発散することによって症状を改善させることが出来ると考えられます。

 

他にも食生活の乱れ、生活習慣の乱れなどによっても自律神経は乱れてしまうことがありますので注意しましょう。
その対処方法として胃酸を抑制する薬を服用する方法がありますが、胃酸を抑えるタイプの薬は食後に服用するものが多いです。

 

空腹時に飲む場合には医師や薬剤師に相談してから服用するようにしましょう。
胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎などの場合には食後でなくても胸焼けが起こる可能性があります。
その場合には病院で治療を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク