臨月 胸焼け ゲップ 解消法

臨月に胸焼け、ゲップが起こる原因とオススメ解消法

スポンサーリンク

臨月に入ると後期つわりと言われているように胃に何らかの異常が起こることが多いです。
これはホルモンバランスが影響しています。
まずは考えられる原因についてお話していきましょう。
オキシトシンと呼ばれる女性ホルモンによって胃痛、胸焼け、胃もたれなどの症状を引き起こす可能性があります。

 

「オキシトシン」
陣痛を起こすときに分泌するもので、胃腸の働きを収縮させることがあります。
ストレスや疲労、不安感、緊張感などによる症状でない場合にはこちらの可能性もありますので準備しておきましょう。

 

「赤ちゃんが成長し胃を圧迫する」
臨月になると赤ちゃんは大きくなっています。
さらに胎動もこのころには大きくなっていますのでお腹の中で元気に動いています。
そのため胃腸、肺などを圧迫してしまうことがあり、その場合には胃痛や胃もたれの症状が起こる可能性があります。

スポンサーリンク

「ストレスによるもの」
ストレスや過労などによって自律神経が乱れてしまうと胃酸の中和がコントロールできなくなってしまうことがあります。
そのため胃酸過多になってしまいますので食道へと胃酸が逆流し胸焼け、げっぷなどの症状が起こる場合もあります。
げっぷを伴っている場合には逆流性食道炎の可能性もありますので注意しましょう。

 

解消方法についても紹介していきましょう。
胃もたれや胸焼け、ゲップなどの症状が出ている場合には食事に注意するようにしましょう。
油物、肉類、香辛料などのように胃の負担がかかったり消化に悪いものは避けるようにしましょう。
おかゆやうどんなどの消化の良い食べ物がおすすめです。

 

また早食いや食べ過ぎは胃に負担がかかりますので良く噛んでゆっくりと食べるようにして下さい。
その際には腹八分目を心がけましょう。
食後はすぐに横になることは避けましょう。

 

ただし気分が悪いような場合に無理に座っていても良くありませんので横になる場合には上半身を高くして横になりましょう。
ただしおかしいと感じた場合には早めに病院へ行くようにしましょう。
セルフチェックによって市販薬を使用することは危険となる場合もありますので注意しましょう。

スポンサーリンク