お腹張る 胸焼け 原因

お腹張る、胸焼けの症状…その原因とオススメ対処方法

スポンサーリンク

お腹張る症状というのは膨満感と言います。
お腹が張っているだけでなく、そのほかにも胃もたれや胸やけなどを伴っている場合には辛い症状となりますよね…。
その原因と対処方法についてお話していきましょう。

 

「消化不十分によるもの」
基本的に膨満感や胃もたれ、胸焼けというのは胃に何らかの異常があった場合に起こります。
食べ過ぎ、飲み過ぎ、ドカ食い、早食いなどによって起こることが多いです。
これは早食いなどによって良く噛まずに食べてしまうと胃に固形のまま送られてしまいます。
そのため消化に時間がかかってしまいますので胃酸が多く分泌されることになります。
胃に食べ物が停滞することによって胃に膨満感と共に胃酸が逆流して胸焼けを伴っている状態です。
胃腸の機能が低下していると起こりやすい症状でもあります。
普段から胃の働きを正常にする食事や生活を心がける必要があります。

 

「便秘によるもの」
お腹張る理由にひとつには便秘が挙げられます。
腸の中に便が溜まっていますので腸管が膨らむために起こります。
これは便が発酵してしまいおならの匂いがきつくなることもあります。

スポンサーリンク

「メタボリックシンドローム」
慢性的にお腹が張っている場合にはこちらの可能性もあります。
これは内臓性脂肪によるもので、脂肪によって胃などの臓器が圧迫されているために起こります。
少し食事をしただけでも胃が大きくなると膨満感を感じるようになります。

 

「病気によるもの」
胃炎や、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、機能性胃腸症、腸閉塞などの病気を発症している場合にはこれらの症状が出る場合があります。
そのため症状が改善されない場合には早めに病院へ行くことが大切です。
これらの対処方法についても紹介していきましょう。
病気によるものであれば病院へ行けば治療することが一番の対策です。

 

食生活が原因になっているものであれば以下のことに気を付けましょう。

 

「規則正しい食生活」
「腹八分目を心がける」
「良く噛んで食べる」

 

食事の時間がバラバラだと胃腸に負担になりますし、食べ過ぎてしまうことによっても胃に負担になります。
腹八分目を心がけ、ゆっくりと良く噛んで食べましょう。
腸内環境を整えることや適度な運動を行うことによって便秘やメタボリックシンドロームを改善することでお腹張る状態や胸焼けを解消することが出来ます。
これらのことに気を付けて解消できるように頑張りましょう。

スポンサーリンク