胸焼け 生あくび 原因

胸焼けと生あくびが出る原因とは!?

スポンサーリンク

胸焼けが起きているということは胃酸が多く分泌されている状態です。
この状態のことを胃酸過多と言います。
胃酸過多になってしまうと胸焼けの他にもゲップ、?酸、生あくび、胃痛、胃もたれなどの症状を伴います。

 

生あくびというのは通常のあくびとは異なります。
あくびというのは眠い時などに出るものでなぜ出るのかについてはわかっていません。
眠い時に出るのは大きく息を吸い込むことによって脳に酸素を供給すると言われています。
脳に酸素を送り脳を活性化させているのではないか、口を大きく開けることによって筋肉を刺激することで脳を刺激しているのではないかとも言われています。

 

生あくびというのは眠気を感じていない場合に出るもので脳や身体が疲労を感じていないときにおこるものです。
胃胸焼けの症状が伴っている場合には生唾固めって生あくびが出ると言われています。
このようにあくびが出る原因というのは詳しくはわかっていないのが現状です。

スポンサーリンク

胃酸過多になっている場合に起こる症状は他にもみぞおちの痛みや酸っぱいゲップが出る場合があります。
基本的に胸焼けは胃の粘膜が刺激されることによって起こります。
食べ過ぎや飲み過ぎ、タバコ、アルコール、他にも不規則な時間の食事や早食い、ドカ食いなどによっても起こりますのでこれらのことを避けることによって予防することが出来ます。

 

ただし逆流性食道炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの病気の場合にも起こることがありますがその場合には病院で治療する必要があります。
生あくびしか症状が出ていない場合には注意が必要です。
脳梗塞や睡眠障害、貧血、糖尿病などの場合にもあくびの症状が出る場合があります。

 

それらを治療するにも病院へ行く必要がありますので早めに病院へ行きましょう。
胸焼けの症状は食生活の乱れによって起こることがほとんどですので早食い、ドカ食いは避け、良く噛んでゆっくりと食べるようにしましょう。
食べ物が原因となっている場合もありますので消化の良い食べ物を食べるようにしましょう。

スポンサーリンク