胸焼け 吐き気 だるい 対処

胸焼けとだるい、吐き気の症状が出た場合の対処方法

スポンサーリンク

胸焼けの症状が起きてしまうと胃液が食道を逆流して起こりますので胸が痛い、胸が焼けるような感じなどの状態になります。
そのためとても不快な症状になりますので早めに対処したいと思いますよね。
その症状と対処方法についてお話していきましょう。

 

胸焼けというのは胃酸が胃の中で多く分泌されることによって起こります。
胃酸が多くなることによって胃酸が食道を逆流してしまうという状態です。
胃酸というのは強い酸性ですので食道が傷つけられたり、刺激されることによって起こります。
これは食生活の乱れや暴飲暴食などの状態でも起こることがあります。

 

またストレスや過労などの自律神経の乱れによっても起こることがあり、さらには逆流性食道炎となってしまう可能性もあります。
逆流性食道炎というのは胸焼けの他にも吐き気、嘔吐などの症状を伴います。
ストレスや過労というのは身体にはさまざまな悪影響を及ぼしてしまいます。
逆流性食道炎の他にも胃腸炎になる可能性もあります。

スポンサーリンク

ストレスが原因となっている場合にはストレス性胃腸炎と言います。
上記と同様に自律神経の乱れによって起こります。
しかしこのような病名がついていない場合にも胸焼け、だるい、吐き気などの症状が出ることがありますので疲れを溜めすぎないように注意することが必要です。

 

これらの症状が出てしまった場合の対処方法も紹介しましょう。
まずはストレスを発散しましょう。
好きなことをする、運動をするなどによってストレスを発散させましょう。
ただし症状が出ている状態で運動をすると悪化する可能性もありますので注意しましょう。

 

症状が辛くて横になる場合には上半身を高くしましょう。
上半身の下に毛布やクッションなどで上半身を支えましょう。

 

お腹を圧迫しないようにしましょう。
ベルトやきつい服などでお腹が圧迫されているとさらに症状が悪化してしまう恐れがあります。
また重いものを持つなど腹圧を使用すると胃の中のものが逆流してしまうことがあります。

 

どうしても辛い場合には薬を使用することも効果を期待できます。
しかし自分の判断で市販の薬を使用すると逆効果になってしまうタイプのものもありますので薬剤師や医師に相談してから使用するようにしましょう。
胸焼けによってだるいなどの症状も出てしまうことがありますので早めの対処を行い、予防するようにしましょう。

スポンサーリンク