胸焼け げっぷ 便秘 対処

胸焼けとげっぷは便秘が影響している?対処法とは?

スポンサーリンク

胸焼けというのは胃酸が逆流して食道を刺激することによって起こる症状です。
代表される病気のひとつに逆流性食道炎がありますが、胸焼けの他にもげっぷ、吐き気などを伴う病気です。

 

胃酸が逆流するだけで食道を傷つけてしまうことになるのは胃酸が強い酸性だからです。
胃酸というのは金属を溶かしてしまうほどの消化力を持っています。
その強い酸性で口から入ってきた食べ物の他にも細菌やウイルスを殺菌する役目を果たしています。
そのため食道などの他の器官に入ってきてしまうと粘膜が傷ついてしまい、炎症などの異常を起こしてしまうことがあります。

 

特に食道は胃とつながっていますので逆流することが起こりやすくなっています。
嘔吐する場合にも胃酸が逆流してきますので食道が傷ついてしまうことがあります。
このような胸焼けの症状ですが便秘が関係しているのでしょうか??
直接的な関係はないと言えますが間接的に悪影響を及ぼしてしまうことがあります。

スポンサーリンク

便秘になっていると腸内に便がとどまっています。
腸内にとどまっているということはガスも溜まっている状態になっています。
これによってガスの行き場がなくなると身体の中を巡るだけでなく、お腹の中で溜まってしまい胃を圧迫してしまうことがあります。
この状態になってしまうとげっぷや胸焼けの症状が起こりやすくなります。

 

これは重いものを持ったりお腹に強い力や腹圧がかかっている状態と同じことだと考えられます。
強い腹圧が胃にかかってしまうと胃の内容bつが逆流しやすくなります。
そのため逆流性食道炎になるリスクが上がってしまいます。
便秘になっている場合に胸焼けやげっぷの症状を伴っている場合には逆流性食道炎の可能性を疑う必要があります。

 

胸焼けを改善させる必要があるとともに便秘を解消することで症状が和らぐ期待ができます。
便秘や胸やけの症状を改善させるには規則的で健康的な生活が必要となります。
不規則な生活や食生活の乱れなどがある場合には見直しするようにしましょう。
また必要な場合には病院へ行き早めに処置してもらいましょう。

スポンサーリンク