胸焼け げっぷ お なら 症状

胸焼けと共にげっぷ、おならの症状!考えられる原因と対処方法

スポンサーリンク

胸焼けの症状が出ている場合にはさまざまな病気の可能性が疑われます。
代表的なものでは逆流性食道炎が最も有名です。

 

げっぷやおならの症状が伴っている場合にはどのようなことが考えられるのでしょうか??

 

 

これは空気嚥下症である可能性があります。
あまり聞きなれない病名ですがおよそ8人に1人が発症していると言われています。
これは空気を大量に飲み込んでしまうことにより通常より多く空気を取り込むことによってげっぷ、おならが多く出てしまいます。
他にもお腹が張り、お腹の不快感などの症状も起こります。

 

胸焼けが起こり、これらの症状を伴っている場合には早食いやドカ食いなどの食べ過ぎによって起こっていると考えられます。
鼻づまり、ストレスや過労が原因となることもあります。
食べ物と共に多くの空気を吸い込むことによって起こったり、精神的に不安定な場合にも見られる状態です。
空気嚥下症を改善するためには食生活を改善させる必要があると考えられます。

スポンサーリンク

早食いが原因となっていることが多いですのでゆっくりと食べることを心がけましょう。
ストレスを発散させることも大切です。
おならやゲップというのは上述したように食べ物と一緒に空気を多く取り込んでしまうことによって胃腸の中で吸収できなかった空気やガスです。

 

これを抑えるためにはゆっくりと食べることが大切です。
胸焼けの症状は早食いによって食べ過ぎていると考えられます。
これらの症状が伴っている場合にはやはり食べ過ぎていると考えることが出来ます。

 

しかし空腹時から症状が出ている場合には注意が必要です。
逆流性食道炎、胃酸過多症などの病気の疑いもありますので早めに病院へ行きましょう。

 

胃酸が多く分泌され過ぎていることによって起こっています。
食生活を改善することや規則的な食事をして、消化の良い食べ物を取ることが大切です。
またマグネシウムやカルシウムなどの胃酸を抑制する食べ物も摂りましょう。
やはりおかしいと感じた場合には病院へ行くことが大切です。

スポンサーリンク