胸焼け 喉が熱い 理由

胸焼けと喉が熱い理由!考えられる病気とは?

スポンサーリンク

胸焼けの症状というのは胸の辺りに違和感や痛みなどを伴う症状です。
これは胃酸が食道へと逆流することによって起こります。
主に食べ過ぎや飲み過ぎなどの食生活が原因となって起こることが多く、他にはストレス、病気などが原因となって起こる場合もあります。

 

この場合に喉が熱いというのはどのような理由があるのでしょうか??
今回は喉についてピックアップしていきたいと思います。

 

 

喉が熱いという症状は喉に炎症が起きていると考えられます。
喉の粘膜というのは非常に薄くできていますので体に異常が起こった場合には症状が出ることが多くあります。
誰でも一度は感染したことのある風邪の場合でも喉の違和感というのは経験あるのではないでしょうか。

 

喉に炎症が起きてしまうとイガイガする、かゆい、食べ物が飲み込みづらいなどの症状が出ます。
胸焼けが同時に起きている場合には喉にも胃酸が影響していると考えられます。
この場合には逆流性食道炎が疑われます。

スポンサーリンク

逆流性食道炎というのは胃酸が逆流して食道を通過してしまうことによって起こる病気です。
代表的な症状は胸焼けとなり、他にも吐き気、げっぷ、酸っぱいものがこみあげてくるなどを伴います。
胃酸というのは金属を溶かしてしまうほどの酸性と言われていますので食道を逆流してしまうと炎症が起こります。

 

また、喉にも胃液が影響し炎症を起こすことによって喉にも症状が出ます。
また胃潰瘍の可能性もゼロではありません。
胸焼けというのは胃酸過多になっている状況ですので胃酸が悪影響を及ぼし、胃本体を傷つけてしまうことがあります。
傷つけてしまうことによってただれや炎症などが起こり、悪化すると胃に穴が空いてしまうこともあります。
胃に穴がしてしまうほど悪化してしまった場合には吐血を伴うこともあります。

 

このように喉が熱い場合にはいくつかの理由が考えられます。
病気を発症していなくてもストレスや疲れでも起こる場合がありますので、おかしいと感じた場合には病院へ行きましょう。

スポンサーリンク