胸焼け 症状 胸のつかえ

胸焼けとともに胸のつかえの症状…考えられる病気とは!?

スポンサーリンク

胸焼けの症状というのは胸に違和感や焼けるような痛みを伴いますので不快な症状となります。
これは胃酸が逆流することによって起こり、食道を刺激することによって胸焼けの症状となります。
この場合に胸のつかえが伴う場合もあります。
つかえという定義は人によっても異なりますので難しい表現ですが胸の痛み、違和感、何かがつっかえている感じがあるなどの胸に不快な症状が現れることを指すことが多いようです。

 

この場合に考えられる病気についてお話していきましょう。
胸焼けの症状が起こって胸のつかえがある場合には逆流性食道炎の可能性があります。
通常であれば胃酸というのは逆流しないように弁のようなものが食道と胃の間にはあります。

 

しかし何らかの原因によって弁が働かなくなってしまうことによって胃酸が逆流し食道を傷つけ炎症を起こしてしまう病気です。
吐き気、嘔吐、げっぷなどの症状も伴います。
食べ過ぎなどの食生活の乱れ、腹部を圧迫することによって胃も圧迫され胃の中要物が逆流する、食道の括約筋が緩むなどの原因によって発症する病気です。

スポンサーリンク

二つは食道がんです。
これは食道の粘膜に起こる悪性の腫瘍です。
初期症状はわからないことが多く胸のつかえなどの症状が出ることには進行している可能性もありますので注意しましょう。
早期発見することによって早期治療ができますので健康診断、人間ドッグなどは定期的に受けるようにしましょう。

 

食道がんの原因というのは詳しくはわかっていません。
飲酒、タバコなどによってリスクが上がると言われています。
進行が進んでいないものでは内視鏡によって切除手術が行われ、進行している場合には外科手術を必要とする場合もあります。

 

この2つの病気は症状がひどい場合に考えられる病気です。
日常生活の延長で胸焼けと胸のつかえが起こっている場合には食べ過ぎ、飲み過ぎが原因であると考えられます。
これらを防止することによって予防することが出来ますので食生活を見直す必要があるかもしれません。

スポンサーリンク