胸焼け 絶食 効果

胸焼けの症状には絶食?その効果とは?

スポンサーリンク

胸焼けの症状というのはつらい症状になります。
胸がチリチリ焼けるような感じがする、胸に痛みがある、胸に違和感がある、このように不快な症状となります。
これは胃酸が逆流して食道を刺激することによって起こります。
他にも吐き気やげっぷなどの症状を伴う場合もあります。

 

これらの症状が出た場合には絶食は効果があるのでしょうか??

 

絶食というのは食べ物を口にしないということです。
ダイエットなどの健康法で食べ物を口にしない場合には断食ということが多いです。
ダイエットのために断食することをファスティングダイエットなどとも言われています。
そのため意味としては医学的に健康のための管理、回復としての意味合いが強い呼び方です。

 

基本的には食べ物を口にしないというだけで水は飲んでもいいというのが絶食で、水すらも口にしてはいけないのが絶飲食です。
要するに食べ物を口にしないということになります。
胸焼けが起きている場合には効果があると考えられます。

スポンサーリンク

なぜなら胸やけが起きているということは胃酸が多く分泌されているために逆流しているからです。
胃酸が多く分泌されている状態で、さらに胃の中に食べ物を運んでしまうと症状が悪化してしまう恐れがあります。
そのため症状が出ている間は食べ物を口にしない方がいいでしょう。

 

ただし絶食というのは長期間行うと非常に危険です。
人間の限界は3日と言われています。
胸焼けの症状だけ出ている場合には数時間ほどで症状は和らいでくると思います。

 

しかしそれ以上症状が続いている場合には、他の病気の可能性もありますので早めに病院へ行きましょう。
空腹時にも胸焼けが起こっているような場合は逆流性食道炎の疑いもあります。
この場合には病院で胃酸を抑える薬を使用して治療を行っていきます。
食べ物を口にしないということは健康にも良いと言われることもありますが糖分が欠乏してしまうと脳の働きも低下してしまいます。
そのためさまざまな悪影響がある場合もありますので注意しましょう。

スポンサーリンク